2013年11月23日

自作ゲーム「迷子の少年」紹介その5(RPGツクール for mobile)「永遠なる白の世界」編

昔ツクールモバイルに応募したもののコンテスト終了とともに一瞬で配信終了になり、その後データがPCごと盗まれ、今はかろうじて自分の昔の携帯の中でだけデータが生きているRPG「迷子の少年」の内容紹介記事、いよいよ今回が最終回です。
初回の記事はこちら→http://hashimotorst.seesaa.net/article/377160895.html

DSC_0075.JPG

<前回までのあらすじ>
母親と別れ迷子になった少年・サブローは、他の「人」がいる場所を求め、
「緑の草原」「青い小宇宙」「紅き黄昏の惑星」を旅し、
無数の「人影」がたたずむ陰鬱な地下世界、「暗黒街」へと降り立った。
街の外は全くの暗闇だったが、サブローはその先に一軒の赤い家を見つけた。
意味不明なオブジェの数々を通り過ぎ、危険な白い人影達を退け、家の奥に広がる闇の向こうに一段と巨大な人影「虚人」を発見する。
「虚人」はこの先の世界には何もないと言う。
それでも進む意思を見せると、戦いの末、この「虚人」の体が次の世界への扉である事を告げられる。
先には何があるのか?何もないのか?サブローの母親は見つかるのか?


<永遠なる白の世界> BGM:なし
DSC_0079.JPG
虚人の体をくぐると、その先に広がっていたのは、何もない、白の世界でした。
それでも足を進めると、見覚えのあるシルエットが見えてきます。

DSC_0081.JPG
暗黒街の手前で一度別れた、マナブ君の残骸です。

DSC_0083.JPG

DSC_0084.JPG

DSC_0087.JPG

DSC_0088.JPGDSC_0090.JPG

時折どこかでみたようなものを見かけますが、全てただの残骸で、何の反応も示しません。

DSC_0092.JPG
・・・・


<サブローの残骸>

細長く続く花畑の残骸を辿ると、サブロー少年とそっくりな「残骸」が見えてきます。
話しかけると…
DSC_0094.JPG

DSC_0095.JPG

DSC_0096.JPG


<"怪物"からの逃走> BGM:「abc.mid」(奥山キイチ氏 http://kiiiichi.sakura.ne.jp/midi.html

サブローの残骸に話しかけると、突然別の場所に移動、そしておなじみの戦闘BGMが流れ始めます。
DSC_0097.JPG

この空間は何もないように見えて左右には壁があり、またスタート地点の石より後方には移動できません。つまり、ただ前進あるのみ!

DSC_0098.JPG
しばらくすると「怪物」が襲ってきます。
これには一切の攻撃は効かず、仮に倒せたとしても真の意味で倒す事はできません。
金切り声でサブローを金縛りにし、あるいはただ見つめ、時折恐ろしい二連続攻撃を仕掛けてきます。
とにかく逃げる!逃げるしかない!

DSC_0100.JPG
ただしこの怪物は素早さも高く、そうすいすい逃げられるわけでもありません。
そして逃げても、2、3歩前進すれば、またこの怪物は襲ってきます。

DSC_0102.JPG
じわじわと緊張感の高まるBGMの中、それでもひたすら逃げて、前へ、逃げて、前へ、逃げて、逃げて、逃げて、とにかく何も考えず、ただ逃げるべし!


<逃走の果て> BGM:なし
気が遠くなるほどの果てしない逃走を繰り返し前進を続けると、突然サブローの様子が変わります。
(ここから先は解説文なしで、画像と台詞のみご覧ください)

DSC_0103.JPG

DSC_0104.JPG

DSC_0105.JPG

DSC_0106.JPG

DSC_0107.JPG

DSC_0108.JPG

DSC_0109.JPG

DSC_0110.JPG

DSC_0111.JPG


<エンディング> BGM:なし
DSC_0113.JPG

DSC_0114.JPG

DSC_0115.JPG

DSC_0116.JPG

DSC_0117.JPG

DSC_0118.JPG

DSC_0119.JPG

BGM:「syun.mid」(奥山キイチ氏 http://kiiiichi.sakura.ne.jp/midi.html

DSC_0120.JPG

DSC_0121.JPG

DSC_0122.JPG

DSC_0123.JPG

DSC_0124.JPG

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



<余談>
ちなみに最後のこの作者名は昔使ってたHNで、今は同じHN使う人がいることもあって全然違う名前を名乗ってます。(ツイッターアカウントの最後の「RST」はこれの名残りです)


<余談2>
ちなみに途中の画像で紹介した白の世界の「花畑」は、よく見ると巨大な「怪物」の姿になっています。
(そして主人公の「残骸」の位置はちょうど目玉の部分に相当)


<作品使用BGMまとめ>
最後の最後に、この作品で使わせていただいたBGMを改めてまとめてご紹介します。
各BGM素材は昔正式名称を見た事があった気がするのですが、
今となってはそのページが残っていないと思われるため、データファイルの名前でご紹介します。
いずれも思い入れのある曲です。是非URLから辿って聴いてみてください。

■ワイヤー・パンサー氏の曲 http://faust.goemonburo.com/(各曲の場所:「制作物」→「素材パック」)
・memory.mid
・Lastroad.mid
氏のゲームでも使われていた曲。
とにかく「暗い」「とにかく単調で途中で盛り上がったりしない」BGMを探していて、イメージにぴったりだったのがこの2曲でした。
「memory.mid」はとにかく鬱鬱とした単調で暗い曲なのが暗黒街のイメージにぴったりであり、また
「Lastroad.mid」は同じ「暗さ」でも「悲しさ」より「怖さ」を持っているのがラストダンジョンにふさわしいと感じ、使わせていただきました。


■奥山キイチ氏の曲 http://kiiiichi.sakura.ne.jp/midi.html(各曲の場所:「Midiなど古いもの」)
奥山キイチ氏は有名なツクールRPG「夜明けの口笛吹き」作者の方。
氏のBGMはどの曲も禿げあがるほどクオリティが高く、単純に使いたかった、ということと、
およそ「わかりやすい」盛り上がり方をしない、どこか淡々とした持ち味が魅力で、
製作の上でも非常にモチベーションになりました。
以下、曲についてのコメントです。

・sansaku.mid
まさに晴れた日の森を「散策」しているような曲。なんですが、
どこか非現実的な幻想的な響きがあり、中華的?でもあり、
一言で「楽しい曲」「明るい曲」とは言えない不思議さがとても気に入っています。
まさにこのゲームの最初のフィールドにぴったりだと感じ、
「緑の草原」で使用させていただきました。

・star.mid
果てしなく広がる宇宙の冒険!といったSFファンタジーな感じの曲です。
フヨヨヨ〜と終始揺らめく不思議な音、遠くまで星の広がりを感じさせる音、
とにかく宇宙っぽさがつまっておりながら、どことなく「少年っぽさ」をも感じるこの曲、
絶対ゲームに使いたいと思っておりました。
当ゲームでは、「青い小宇宙」や小型UFO搭乗時のBGMとして使用させていただきました。

・syun.mid
「ゆうがた」を感じさせる、どこか気だるい曲。
充実した空虚感とも言うべき雰囲気で、暗いようでもあり、明るいようでもあり…
これも不思議な魅力を感じます。
これは「死」や「赤」といったイメージが、あくまでも暗くならない、そういう効果を期待し、
「紅き黄昏の惑星」及び「エンディング(スタッフロール)」で使用させていただきました。

・abc.mid
とにかくバトルBGM、本作でもバトルBGMとして使わせていただきました。
何度も書きますが、ツクールモバイルではボスと雑魚の戦闘BGMを別々に切り替える事が出来ないため、
戦闘BGMは一曲でボス戦も雑魚戦も使えるものである必要がありました。
今回はゲームの性質上、あまり派手でカッコいいBGMを使いたくなかったのですが、氏の戦闘BGM素材はその需要を見事に満たしてくれるモノばかりで、中でも「明るい」要素が最も少なく、敵がコミカルでもシリアスでも対応できる、そんな曲がこれでした。
曲が進むにつれてどんどんヤバさが高まっていくような曲なので、長期戦になると緊張感が高まる→ボス戦向き、イントロは割と軽い→雑魚向き、という風に、このゲームに使用したい戦闘BGMとして特に完璧だったのです。
余談ですがこのツクールの仕様上、敵に勝利すると必ず決まったファンファーレが流れてBGMがぶつ切りになってしまうのですが、敵から「逃げ」、かつフィールドBGMが戦闘曲と同じ場合のみ同じ曲を戦闘/フィールドでずっと流し続けられる→連戦表現が可能であったことから、ラストの怪物戦はあのようになりました。そして実際に流してみるとシチュエーションのヤバさ、最後のイベント感と見事にマッチしていて、実際この選曲は大正解だったと思います。

これで以上です。読んでいただいた方、本当にありがとうございました。

昔話はこの記事か次の記事くらいで最後にして、そろそろ新しい事を書こうと思います…
それでは、また次回。
posted by はしもと at 00:43| Comment(0) | RPGツクールモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

自作ゲーム「迷子の少年」紹介その4(RPGツクール for mobile)「暗黒街」編

前回(http://hashimotorst.seesaa.net/article/378725923.html)の続きで、昔作ったゲーム「迷子の少年」の内容紹介をします。
ちなみに初回の記事はこちら→http://hashimotorst.seesaa.net/article/377160895.html
全部で5つある世界のうち、今回は4つ目の世界のお話。
この世界が正直一番作りたかった世界で、テキストも盛りだくさんなのですが、同時に黒歴史成分が多いためかなり省略して紹介しております。

DSC_0034.JPG

<前回までのあらすじ>
母親と別れ迷子になった少年・サブローは「緑の草原」「青い小宇宙」を抜け、
「人魂」のさまよう星「紅き黄昏の惑星」へと降り立った。
「良い霊」から荒野に立つ一軒家の中に「人」の気配がするとの話を聞いたサブローは、
「悪い霊」たちを退け、その黒い家にたどり着いた。
今まで旅のガイドをしてくれていた「マナブ君」と別れ、
サブローは次の世界を目指し、地下へと続く家の中の階段を下りていく…

<暗黒街> BGM:「memory.mid」(ワイヤー・パンサー氏 http://faust.goemonburo.com/
母親探しの旅もいよいよ終盤、黒い家の地下に広がっていた世界は、
これまでと一転変わって鬱々とした雰囲気に沈み込む街「暗黒街」でした。
ここの住人は全てが影を背負った存在、通称「人影」。
街の住人である青い人影たちは全てが内省的・悲観的かつ後ろ向きな独り言しか言いません。
DSC_0041.JPG
DSC_0052.JPG
(※これ以上は台詞が痛すぎてお見せできないので省略します)

・セーブポイント
街外れの方まで歩いていくと1人だけ緑色の人影がいます。
暗黒街の手前で別れてしまったマナブ君に代わって、ここでは彼に話しかけることでセーブができます。
DSC_0043.JPG
ただし他の人影と異なり、こいつだけ非常に攻撃的な性格で、その上恩着せがましいです。
(正直こいつにはあんまり話しかけたくありません)

・街外れの空間
暗黒街から外に出ると、その先は何もない広大な黒い空間が広がっています。
敵とのエンカウントは(基本的に)一切ありません。そしてここも上下左右がループしています。
DSC_0045.JPG
歩いていると、たまに「何か」の気配を感じます。

DSC_0044.JPG
ときどき何かあるように見えたりしますが、実は地面に書いてあるただの模様です。
なにもおきません。

DSC_0053.JPG
黒い空間をさ迷っていると、一軒の真っ赤な家(暗黒の家)が建っています。
この先に進むには、これを見つけて入る必要があります。

<暗黒の家> BGM:「Lastroad.mid」(ワイヤー・パンサー氏 http://faust.goemonburo.com/
DSC_0054.JPG
此処から先はこのゲームの実質的最終ダンジョン、「暗黒の家」です。
家の中は終始不気味な鐘が不規則に鳴りつづけています。

・敵
暗黒街ではこの家の中のみ、高確率で敵にランダムエンカウントします。
登場する敵は1種類のみ、白い「人影」です。
DSC_0055.JPG
HP、基本攻撃力が高く、倒すのはそこそこ苦労します。
ただしサブローのレベルが十分上がっていて「体内自然発火」を覚えていれば、2発でKO可能です。
(ただし消費MPが高いので注意が必要)

・家の中
DSC_0060.JPG
入るといきなり主人公の方をじっと見つめてくる目玉とかがいます。
話しかけると…
DSC_0057.JPG
・・・

DSC_0063.JPG

DSC_0062.JPG
この場所は今までと違い、調べると何らかのメッセージの見られるオブジェクトが多いです。

DSC_0065.JPG
この日記(?)は読むたびに日付が進みます。最後まで読むと…?

DSC_0069.JPG
奥の方の部屋には凄く見えづらい黒い人が歩いています。
話しかけると感激して途中にある鍵のかかった部屋のカギをくれます。

DSC_0070.JPG
部屋の中は狭いながらもループしており、どこかに「金塊」があります。
(この「金塊」を青い小宇宙にいるバット職人まで渡しにいくと、2回攻撃が可能な、主人公の最強武器「黄金バット」が手に入ります)

・気配
DSC_0072.JPG
最後の部屋の奥にある扉を開くと、マップの壁の外を歩く事ができるようになります。
その先にはひときわ大きな白い人影。

DSC_0074.JPGDSC_0075.JPG
話しかけると、意味深なことを言われます。
ここで「先に進む」ことを選ぶと、いよいよ暗黒街のボスとの戦いです。

・ボス「虚人」
DSC_0076.JPG
HP999、体力を250回復する技能「ヒーリング」と、即死級の攻撃力を持つ技能「覚醒」を使用してくる正真正銘の強敵。黄金バットがなければ、こちらの攻撃はほぼ「体内自然発火」がメイン火力となる。
サブローのレベルが十分上がっていれば最強のパイロキネシス「ST-レイド」を覚えられるので、もう少し楽に戦える。ただしいずれの場合もMP切れに注意は必要。

・その先の世界
DSC_0078.JPG
「虚人」を倒すと、いよいよ最後の世界の扉が開かれます。
さっき「先には何もない」と言っておきながら先の世界の存在をほのめかす虚人、
先には何があるのか?何もないのか?サブローの母親は見つかるのか?
次回、いよいよ完結です。


<おまけ:隠しボス>
この世界にもご多分にもれず隠しボスがいます。
こちらの画像になります。
DSC_0046.JPG
そう、「何かの気配」とはこの伏線だったのですね…(わかるか)
「気配」の近くをしつこくうろつくことで、エンカウントすることができます。

DSC_0047.JPGDSC_0048.JPG
グラフィックこそ見えませんが、実は次の世界に登場する敵とほぼ同じ姿をしています。(こちらは黒い輪郭しか描いてないのでほぼ見えませんが…)
使ってくる技も実は同じで、違うのは能力値のみ。
金縛り技にハマると死ぬかもしれませんが、ちゃんと育てていれば「何か」には勝てるはず。

DSC_0049.JPGDSC_0050.JPGDSC_0051.JPG

「何か」を倒すと「何か」が手に入ります。
これを青い小宇宙の「ナニカガ タリナインダヨナァ…」といっているHF星人に渡すと、
「小型UFO」をもらう事ができます。これはいわゆる「飛空艇」で、敵とエンカウントしたり障害物を気にしたりせず飛び回る事ができます。「小型UFO」は主人公のテレポートと一緒についてくるので、いろんな世界を飛び回りましょう。
ちなみに、乗っている間のBGMは「青い小宇宙」と同じ「star.mid」(奥山キイチ氏 http://kiiiichi.sakura.ne.jp/midi.html)になります。

・最強のアイテム?
UFOに乗って緑の草原を飛び回ると、マップ外の変な所にポツンとHF星人がいます。
話しかけると最強のアイテム「最強爆弾」が手に入ります。
これは「どんな敵にも」必ず999ダメージを一回だけ与えられるというシロモノ。
ツクールモバイルの敵のHP上限は999なので、つまりどんな相手であれ即死させることができます。
といってもこんな終盤で、実は使い道はほぼないのですが…?

ところでさっき次回で完結などと書きましたが、主人公のスキル解説や紹介できなかった隠し要素の説明で最終回の前に番外編を書くと思います。
それでは、また次回。
posted by はしもと at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。