2014年09月10日

近況〜フリゲ展参加したりなど〜

今年に入ってからあちこちで名刺配ったりなんだりで
さりげなくこのブログのURLを世間に拡散してた感あるんですけど、
最後の日記がエイプリルフールのウソゲーム記事ってどうなの・・・
ということで近況(最近の活動歴)をつらつら書きます。

・フリゲ展参加します


f089f4_56bb8ed7e566470d94e2e9e43832d7de.jpg_srz_p_200_40_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz.jpg

エトリエのとりあかさんが主宰する「フリゲ展!2014秋」(http://etolier.webcrow.jp/)に作品投稿致しました。

以前制作した和風RPG「怪奇瘴忌譚」も元はといえば「2012エトリエ和祭」に向けて作ったものだったんですが、コンセプトの一つが「自由度のある探索ゲーム」であったばかりに(それだけじゃないけど)、結局自分が想像していた以上に制作に手間が必要なゲームだったので間に合うってレベルじゃなかったんですよね(おかげで時間をかけてじっくり作りこめた、という面は大いにありますけどね)。
というわけで今回は前回の反省と経験から、「今まで作りたかったネタで、かつ制作時間的に間に合う算段の高い」ゲームを作る事に致しました。

実際のタイトルなどは本公開まで伏せておきますが、ゲーム自体の内容としては今まで微妙に温め続けていた「STGRPG」(http://hashimotorst.seesaa.net/article/293289011.html)を秋祭りというお題の力を得て仕上げたものとなっています。

「怪奇瘴忌譚」の時は本当に「自由度のある」というコンセプトに自分自身で苦しめられまくった思い出があるので、今回のゲームは思いっきり「一本道のストーリー付きRPG」という形式に。おかげで(本当は遅刻だけど…)なんとか〆切に間に合いました。

ストーリーの方は色々考えたんですが、全然まとまらなかったので結局大幅に縮小して凄く緩い(酷い)ものになりました。あんまり深く考えずに頭を空にしてプレイしていただけると幸いです。
あとラスボスの曲は頑張って自前でなんとかしました。公開の際(予定では9月14日)には是非ともよろしくお願いします。


・「外にでよう!」について

mainImage.jpg

ニコニコ自作ゲームフェス3の時、実はひそかに引きこもり脱出ゲーム「外にでよう!」(http://www.freem.ne.jp/win/game/6331)というのを作って投稿してたんですが、よく考えたらこのブログで全くこれについて触れてなかったので反省して、今日の記事だけでも作りましたアピールをしておくことにしました。

結局自作ゲームフェスでは歯牙にもかからなかったんですが(まあ、この内容じゃ、ね…)、プレイ時間の短さのおかげか、想像以上にいろんな人に実況していただけて密かに喜んでます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24099045などなど)
上げていただいた動画はほぼ全て目を通しています(はず)。本当にありがとうございます。
意外と自分の想像しなかった所で複数の方から似たような反応をされたりして、非常に勉強にもなっています。(あと、セーブデータが最初から入ってるバグ放置しててすみません…進行に支障ないとおもうのでしばらくそのままにさせていただきます)


・「怪奇瘴忌譚」と「第9回ふりーむゲームコンテスト!」

result_header.png
(コンテストURL:http://www.freem.ne.jp/contest/fgc/9

せっかく応募資格が備わっていたので密かに「怪奇瘴忌譚」を第9回ふりーむゲームコンテストに応募しておりました。結果は…まあ、選外でした。まあ偏ったゲームではありますので、致し方なしです…
とはいえ審査員の方々は一作一作ちゃんと遊んで下さったようで、下記の通りコメントをいただけました。

<審査員のコメント>
”ダンジョン探索の楽しさや物語は○。戦闘や探索、そしてゲームオーバーを恐れながら遊ぶ楽しさのため、戦闘スピードが遅い点や即死が混在しすぎて徒労感が多い点が惜しい。”


いい…いいですね、コメント…
全然これについて今まで自分自身反応を表明してなかったんですが、なんだか昔のツクールモバイル時代のコンテストのような雰囲気を味わえて凄く嬉しかった(ある意味懐かしかった)です。


・「もぐらゲームス」に記事掲載
image14.png

7月ごろ、何かの間違いでもぐらゲームスさんにこんな記事を投稿させていただいてました。

「発想力、洞察力への挑戦―謎解きマニアに捧ぐ、abc男氏の脱出ゲームの紹介」
http://www.moguragames.com/entry/abc_1/
「abc男氏のオススメ脱出ゲーム5作品紹介&攻略のポイント」
http://www.moguragames.com/entry/abc2/

これはメンバーの一人であるPorologue先生とお話していた時に、もう本当に一時期脱出ゲームばっかりやってた時期があったな…と思い返し、abc男氏のゲームの紹介をさせていただいたんですよね。
いつか気が向いたら今度はこのブログででも「絶対詰む!初心者には絶対おすすめしない版・abc男氏の作品紹介」とか書きたいです。(誰得)

これと時期を前後して「いちろ少年忌譚」が小説化されたり、abc男氏の新作「オメメポーン」が公開されたりで、お二方のファンとしては非常に嬉しい気持ちです。



・ところで「ヲシュバルの英雄達」はどうなったの?

『エイプリルフールの時、”イ○スみたいなゲームを作っている”と言ったな…あれは嘘』

じゃないです。

WW.png

…が、秋のゲームを先に制作することにしたため、完全に制作ストップしてしまってます。これは絵ができ上がらないというのもあるんですが、大真面目にストーリーに力を入れたいつもりなのにストーリーが全然まとまらないので頭の中を二転三転四転五転してるというのが結構な悩みポイントになっています。完全にエターナるフラグですね。

BGMだけは(細かい直しは必要でしょうけども)ほぼ揃っているので、これらをゲーム中で流す為にもなんとか完成させたいんですけどね…やっぱりストーリーが…(こだわり過ぎると良くないのはわかっていても) あとゲーム的にそもそもこれ面白いの?との戦いとかいろいろありますしね…

ちなみに最近アーカイブスでPCE版イース4をやってたんですが、プレイ中自分がやりたかった事が次から次へとそれ以上のレベルで実現された事案がどんどん出てくるので「こんな凄い作品あるなら自分で作らなくていいや…」となりかけつつも、大いに参考にしたい所です。


・まとまってないですが、近況は大体こんなところです。

それはそれとして特に今年はやたらとイベントとかオフ会とかに行きまくっていたので、その話も書くべきかな…と思いつつ、まあ何に参加するとかそういうのは当面ツイッターで。
それでは、今日はこれで。
posted by はしもと at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。