2015年03月14日

フリゲ展!2015春 参加作品 no.43「サクラメント」よろしくお願いします。

SS1.png

SS.png

いよいよ今日からエトリエのとりあか様主催「フリゲ展!2015年春」(http://toriakaniko.wix.com/fgtenharu)が始まりましたね。

僕も記事のタイトルの通りno.43「サクラメント」で参加致しましたのでよろしくお願いします。
(とりあえず年始に決めた今年の目標を1つ達成ということで…)(というか今年からは月一くらいでブログ更新しようといいつつ大分ご無沙汰でした…)

ゲーム内容についてはフリゲ展内の紹介文にも書いてある通り、右手と左手で2キャラを同時操作するアクション?ゲームになります。(※2人プレイは想定してないですが、できないこともないかもしれません)

-----以下、制作話------

ゲームプレイ前に読まれてしまう可能性の大きいタイミングの記事でこんなこと書くのもアレなんですが、今作はなにぶんボリュームも売りも弱めな気がするので、ある意味本編の補完というかPRも兼ねて制作話などを(作者の方にはこっちの方が興味あるかもですし)。

「サクラメント」は個人的には実験的な作品でして、制作を通じて少しでも今後作る別の作品へのノウハウを培うため、とにかく完成させて応募する!というのを目標にしていたんですよね。
しかしながら多分プレイされるとバレバレだと思いますが、本作は前作「紅葉狩り戦記」以上に全然時間がない中で作成してしまった作品でして(年度末で何かと時間がない気味だった上に構想を固めてから一ヶ月なかったので実質二週間くらい)、非常に限られた時間でどうやりたいことを作品としてまとめるかと言うのが最大の課題でした。
両手で2キャラ同時操作ネタはいつかなんらかの形で作品にしたいと思っていたのですが、両手同時操作というネタの話で言えば、この「両手同時操作」でしか絶対に味わえないストーリーを描き切ってしまった「Brothers 〜a Tale of Two Sons〜」という非常に偉大なインディーゲームが既にあるので「純粋にアクションとして両手同時操作が面白そうなのでとりあえず実装しました」だけというのは許されないと思ったんですよね。かといってBrothersのようにシステムとお話が完璧にシンクロした完成度の高い体験をしかも時間がない中で作るのは到底無理だと思ったので、せめて「2人を同時に動かせると言うことにはどういう意味があるのか(どういう意味をもたせられるのか、必要性があるのか、どんな体験ができるのか)」ぐらいの事を考えつつ作りました。(それが結果的に出てきているか、プレイして感じてもらえるかどうかはわかりませんが…)
本作には台詞の類が一切ありませんが、これもBrothersの真似…ではなく、端的には制作時間の都合です。また会話シーンは書き下し自体に意外と時間がかかる上に誤字脱字の温床となりチェックに時間がかかり、その上プレイヤーの方の時間やストレスにも優しくないなと思って思い切って全部なくすことにしました。
さらに当初はプレイ時間をもう少し確保するために合間合間にイベントを入れてステージ間のストーリーの補完などをする予定でしたが、これも割り切って一切合財カットしたあげくプレイヤーのご想像におまかせしますというスタイルにしてしまいました。
従ってエンディングはたぶん思いっきり意味不明だと思います(その代わり、エンディング後にちょっとしたおまけ(※ゲーム外)は用意してあります)(←気づかれなかったら悲しいので一応書いておきました)。
一応、ストーリーを明言しすぎないことで逆に作品内世界にそれなりの奥行きを感じてもらえるようになったかな…(なってるといいな)という思惑もあります。

------制作話おわり-------

前回フリゲ展秋の時はこういった(自作に触れる)記事を一切かかなかったのですが(フリゲ展のサイトに紹介文あるしこのブログで書かなくてもいいかなと思ったため)、僕は前回結局いろんな方が自分のサイトで自作品や他作品の紹介をしているのを見て回って、それがいかにもお祭り!盛り上がってる!的な空気感を醸し出していて楽しかったので自分の所で自分の作品に触れないのやっぱりだめだなと思ったんですよね。
ツイッターでは少し呟きますけど、やっぱり記事にしないとですよね。お祭りと言うのは参加者が盛り上げて空気を作るという側面も大きいですから。
という反省でした。(お祭りで反省してどうするんだという話は、まあ)
できれば次の記事では自分が遊んだ他の参加者の作品についてのコメントもしたいなと思いつつ(秋の時はツイッターでしかしなかったけど、やっぱりそういう記事は作者的にも作品のプレイヤー的にも嬉しいと思うので)、その前に秋の事を振りかえる記事を書かないとみたいに考えてます。ゲーム制作の方は、とりあえずフリゲ展終わってから再開の予定です。(他にやりたいフリーゲームも溜まってきており…)
それでは、また近いうちに。


----追記----
せっかくなので、報告を兼ねて以下に本作のスタッフロールを掲載しておきます。
素材製作者の皆さま、テストプレイいただいた皆様、本当にありがとうございました。

-----使用素材------
【Script】

「BlueRedZone」gentlawk 様
 http://blueredzone.com/script/vxace/vxace_mapfog.html
 ・BMSP マップフォグ[MAPFOG] Ver1.00

「ツクール工房A1(仮)」A1 様
 http://a1tktk.web.fc2.com/
 ・A1共通処理(RGSS2/RGSS3共用)
 ・イベントがイベントを通過(RGSS3)

「カルトの鳥篭」CanariAlternate 様
 ・注釈取得スクリプト (VX Ace用)
 ・イベントが接触したイベントを起動 (VX Ace用)
 ・クローンイベントEX (VX Ace用)
 ・経路探索VXAce (VX Ace用)

「半生@Page(仮)」半生 様
 ・スクロール固定

【BGM】

「煉獄庭園」様
 http://www.rengoku-teien.com/index.html
 ・Title BGM 「金色の故郷」
 ・Stage2 BGM 「CIRCLE」

「遠来未来」逆凪 諒(さかなぎ りょう)様
 http://enraimirai.jp/
 ・Stage3 BGM 「交錯の街」

 はしもと(Lv.28)
 ・Stage1 BGM 「遺構」


【Graphics】

「無料写真ギャラリー mandegan (まんでがん)」syota 様
 http://mandegan.jp/
 ・タイトル画像(写真部分)

(Pixiv)カミオカ アキ 様
 http://www.pixiv.net/member.php?id=837295
 ・タイトル画像(花吹雪部分)

「臼井の会」香月清人 様
 http://usui.moo.jp/frame2.html
 ・桜のマップチップ

『RPGツクールDSグラフィック&音楽素材集』
(C)2010, 2014 KADOKAWA CORPORATION
・塔のマップチップ


【Special Thanks】

 眼鏡魚様
 ブリック様
 ネコタクサン

 フリゲ展!2015主催:とりあか様

----------
posted by はしもと at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。