2015年06月01日

「紅葉狩り戦記」のめっちゃどうでもいい裏話

momiji.png

近況ですが、今週末は自分の過去作品の修正&更新作業祭りをしておりました。
もちろん怪奇〜も絶賛バグ修正中だったりするのですが、ひとまずそれ以外は一通り完了という感じです。
そんなわけで、拙作「紅葉狩り戦記」も無事にVerUP&ふりーむ!様で公開開始されまして、せっかくなので話をするタイミングを完全に失くしていた「紅葉狩り戦記」のめっちゃどうでもいい裏話について、この機会に記事に書いておきます。

-----------------------------

★紅葉狩り戦記の基本発想の元ネタ
三段階くらいあるので順番に説明します。

@RPGの連戦
突然ですが、RPGの「連戦」っていいですよね。なんせ戦闘曲が連続で聴けるわけですよ。
いちいちフィールド→戦闘→フィールド→戦闘→…ってBGMがコロコロ変わらなくていいんですよ。テンションが途切れないわけですよ。ビッグブリッジとかね。
…というわけで、もともとは「連戦だけをするRPGっていいんじゃないか」みたいなことをずっと思ってました。

Aシューティング+RPG
最初のきっかけは携帯アプリで「スーパースターソルジャー」を遊んだことでした。
スターソルジャーってアイテムとるとパワーアップしてBGMが激しくなるんですよね。これが凄くかっこいいと思いまして。RPGにシューティングゲームっぽい要素を取り入れられないか?みたいなことも思ってたんですよね。

BノンフィールドRPG
発売からは一年ほど遅れて巫女瓜さんの「ACDC」という作品を遊んだんですよね。いわゆる「雪道系」の、ノンフィールドRPGというやつなんですが、このゲームの特徴として、主人公が通常のACからDCに人格を切り替えると、BGMが邪悪に変化してバーサーカー状態になるんですよね。これがなんかもうカッコいいんですよね。
それで、上述の@Aってまさにこのノンフィールドのイメージだとピンときまして、ようやくイメージの原型が固まったという経緯でした。

--------------------------

★名前ネタ
名前はいろいろ元ネタがあったりなかったりするのですが、
ちゃんと元ネタがあって、かつ分かりづらそうなやつをピックアップして解説しようと思います(完全に自己満足のコーナー)

@グワ・デフレイヤー
ステージ2のボスとして宇宙人と一緒にでてくるロボの内の一体がこんな名前でした。
とりあえず、片方のロボの名前は「テラーオブジアース」にしようってなんとなく自然に決まったんですよ。「地球の侵略者」的な意味で。(ちなみに一瞬だけテラーオブテラにしようかと思ったけど、字面がかっこ悪いのでやめました)
なので、対になる名前として「恐怖の大王」にしようと思い、でも英語だと微妙だなと思って結局フランス語にしたのでした。
つまり、結論を言うと「グワ・デフレイヤー」というのはフランス語の「恐怖の大王(Roi d'effrayeur)」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%8E%8Bの音読みになります。決してグワーとかイヤーとかをつかって適当につくった名前ではないんですよ!

A哲学的屍人
ステージ3の雑魚モンスター。
解説するまでもなく、みんな大好き哲学的ゾンビhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93が元ネタです。
ただ、ゾンビそのままだと面白くないので、「屍人」と「詩人」をかけた、趣のある()名前にしました。よって、このキャラの名前の読みはしにんとかぞんびとかではなく、「哲学的屍人(てつがくてきしじん)」ですよ、というお話でした。

(ちなみに実は、このキャラは、今の作品イメージが固まる前、秋作品の初期構想として「紅葉を赤くするゲーム」というのを考えており(ボタンを連打して紅葉を赤方偏移させろ!!とかそういうの)、「紅葉は何故赤いのか?」「赤い色は何故赤いと思えるのか?」というクオリアの問題に踏み込む内容にしようと思ってた頃の名残になります)

B秋の四天使(フォール・セラフィム)/Fall Seraphim
ステージ3のボスであるヨムエル、及びステージ4の中ボス3人のこと。
各天使の名前の元ネタはお察しですが、総称としての「秋の四天使」は実は以下の意味を含む名前なのです。
(1)セラフィム:熾天使(してんし)
(2)フォールン・エンジェル(Fallen Angel):墜天使
(3)フォール(Fall):秋
(4)フォー(Four):4
四天使だけに含まれる言葉も四重になってたというわけですね…(…)

--------------------------

いま思い出せるのはこんなところです。

今回特にしょうもない記事になりましたがお付き合いいただきありがとうございました。
それでは近いうちに何か記事を書くと思いますので、また。
posted by はしもと at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。