2015年09月06日

「魔導物語」的な要素を感じたフリーゲーム5作品紹介

0.はじめに
本記事は僕(はしもと)が個人的に「魔導物語っぽい」要素があると感じたフリーゲームを紹介する誰得記事となっています。


1.「魔導物語」について
「魔導物語」というRPGをご存じでしょうか。
自分の観測範囲では既に十分有名とは思うのですが、一応簡単に説明しますと、
国民的パズルゲーム「ぷよぷよ」のキャラクターの前身である、3DダンジョンRPGです。

mado.png
↑MSX版魔導物語

次に、この魔導物語の雰囲気についてです。
まず初代MSX版魔導物語はちょっとした怖さや謎の残る、やや尖ったところのあるゲームでした。しかし、その後PC98、ゲームギア、メガドライブ、スーパーファミコン…と様々なメディアに移植されていく過程で、今もよく知られているぷよぷよの雰囲気に合わせ、親しみやすい雰囲気に変遷していきました。また、移植とは言っても、ダンジョンの構造、謎解き、登場モンスター、果てはストーリーまでかなりの別物であり、一言で「魔導物語っぽい(魔導物語的な要素がある)」と括るのは実際結構無理があります。

が、僕は初代の頃の空気も、コンパイル末期の頃の空気もどちらも合わせて「魔導物語」だと思っているので、僕の書く「「魔導物語」的な要素を感じた」とはそれらのいずれかに引っかかっている、くらいの表現だと思ってもらえれば幸いです。

魔導物語自体はもう(おそらく)新作が出ないシリーズなので、かつての魔導物語の面影を何か別の作品に感じると僕は純粋に嬉しくなってしまうので、他にそういう需要があれば(あるいは逆に、これらのゲームは知っているが、魔導物語はよく知らないという人に魔導物語に興味を持ってもらえれば)と思って書く次第です。


2.「魔導物語」的な要素を感じたフリーゲーム紹介
それでは、以下5作品のフリーゲームと魔導物語っぽいポイントを簡単にご紹介します。


@ラピスの迷宮(作者:ゆわか様 プレイ時間:2〜3h)
ダウンロード(vector):http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se254980.html
rapis1.png

コミックメーカー95で制作(!)された、3DダンジョンRPGです。
このゲームの魔導物語っぽさを一言で説明するのは難しいんですが、要するに「やればわかる」
…んですがなんとか説明しますと、とにかく全体的に「ぽい」のです。
3Dダンジョンであることはもちろん、敵キャラのデザインセンスとか、属性攻撃が標準で使用可なシステムとか、ダンジョンギミックとか、キャラクターの会話の感じとか…
多分総合的に見れば今回紹介するゲームの中では一番総合的に魔導物語感を感じると思いました。気楽に遊べる作品ですし、騙されたと思ってやってみて下さい。

ちなみに、コミックメーカーという本来ゲーム制作用ではないツールで作られたゲームながら、本作は遊びやすさには結構な配慮がされています。あと、方向ボタンをワンクリックすると(このゲームはマウスしか使いません)、次にモンスターに出会うか曲がり角に到達するまで自動で歩いてくれるシステムは斬新だと思いました(最初は混乱するかもしれませんが、慣れると楽で良いです)。

rapis2.png
↑戦闘ではキャラが結構リアクションしてくれて楽しい

rapis3.png
↑マップはオートマッピングではなく、アイテムで入手するシステム


Aもぐりごっこ(作者:とりあか様 プレイ時間:1h×α)
ダウンロード(公式サイト):http://www.wa.commufa.jp/~etorie/game_no7/index.html
moguri11.png

RPGツクールXPで制作された3DダンジョンRPGです。
ゆるい見た目の割に大変シビアな難易度を誇っており(しかも途中セーブ不可能)、基本的に何度もゲームオーバーになります。また、驚愕のマルチオープニングシステムとなっており、起動する度に違うオープニングが楽しめます(ので、何度ゲームオーバーになっても苦痛にならない…わけでもないけど軽減されます)。

本作の魔導物語っぽいポイントですが、…この適当なオープニングに魔導物語〜道草異聞〜の「ダンジョンに潜るしか!」「ぐー!」のノリを想起させられました。
あと、オープニングやキャラクターはポップでかわいい感じなのに、いざダンジョンに潜ると(多分おもにBGMのせいで)、妙に不気味でシリアスな感じなのも個人的にツボです。というか、そこはかとなく魔導物語的なものを感じました(魔導物語が生まれた経緯としてWizardry的な暗いダンジョンを歩く主人公を可愛いキャラにしたら遊びやすくなるのでは、という発想があったらしいとは聞いております)。

あと、本作では装備アイテムが「服」しか登場しません。着替えると能力が変化する他、主人公の見た目が変わります。この着せ替えが結構楽しく、中にはレア装備とかもあり、装備によっては変わった効果が付随したり、攻撃アニメがガラッと変わったりもするため、これが意外とモチベーションになります。
とにかくSSを見てピンときたらやりましょう。

moguri12.png
↑装備は「服(武器)」のみ

moguri7.png
↑オートマッピングシステム

moguri8.png
↑ちなみに敵も結構かわいい


Bパポタ 空飛ぶ魔導店(作者:らだい様 プレイ時間:5時間以上〜∞)
ダウンロード(公式サイト):http://www.papota.jp/
papota.png

こちらは3DダンジョンRPG…ではなく、3DアクションRPG(MMO風)となっております。
各属性をつかさどる「魔法石」を装備し、フィールドに現れる敵をひたすら倒してお金や素材をあつめ、魔法石を強化したりアイテムを合成したりしながらクエストをクリアしていくゲームです。
このゲームどっちかというと聖剣っぽいのでは?とかいろいろ意見はあると思いますが、僕がこのゲームで魔導物語っぽいと思うポイントは、以下の3点になります。
・キャラと世界のなんとなくゆるい雰囲気(魔導物語というか、コンパイル的というか…ゆるいです)(ちなみに師匠のロットンさんはそこはかとなくルシファー先生(山本小説版魔導)っぽい)
攻撃手段が全部属性付き(やはり魔導物語といえば通常攻撃が物理攻撃じゃなくファイヤーorアイスで属性付きという感じなので…)
・装備品の名前が「魔導防具」(魔導アーマーを思い出しました)(主人公が本当にアルルっぽい見た目になる装備もあるとかないとか…)

まあ、なんといってもキャラがかわいいので、気になった方は遊んでみて下さい。
(ちなみに現在エンディングはない模様です)

papota3.png
↑装備画面(魔導防具)

papota5.png
↑全ての攻撃が属性つき


CSilent Desire(作者:tomo様 プレイ時間:3h程度)
ダウンロード(公式サイト):http://compro.sakura.ne.jp/game/sd1.html
asha3.png

このゲームは画面の見た目とは裏腹に、「不思議なダンジョン」式システムの一本道ダンジョン攻略RPGとなっています。他に特徴としては、登場する敵モンスターが全員女性型で、しかも攻撃時ダメージ時が専用ボイス付きって所でしょうか…
3Dダンジョンではないものの、このゲームはめちゃくちゃ魔導物語っぽいポイントだらけです。今説明した通りサンプリングボイス付きですし、魔物のデザイン感が「ぽい」キャラが多いほか、残り体力や魔力で主人公の見た目や魔力石の明るさが変化してまさにファジーパラメータシステムですし、ついでに「足元から徐々に石化」攻撃をしてくる敵がいたりします。

とにかく、MSX魔導をプレイ済みの人には一見の価値ありと思います。

asha2.png
↑魔物のデザインに懐かしさというか

asha4.png
↑体力が減ると表情も変化


Wish Disproportionate(作者:sunori様 プレイ時間:2〜3h)
ダウンロード(公式サイト):http://mizunomiba.sakura.ne.jp/index.html
ScreenShot_2015_0905_02_11_39.png

…おわかりいただけただろうか。(何が)
えっとですね、システムとしては半熟英雄の「おくのて」だけで敵と戦うようなRPGです(完)。

…なんですけど、それだけで説明を済ますにはあまりにも勿体ない作品です。

とりあえず魔導物語っぽいポイントは、まさにこの「コマンド」です。魔導物語と言うか魔導師ラルバかもしれませんが…戦闘コマンドに何故か「おどる」が混ざってるあのノリを感じました。
あと、「洞窟崩壊率」。ゲームギア版魔導物語IIIの没設定にわんだふりゃ魔導砲を全力で発射するとダンジョンが崩壊するっていうやつがありましたよね…あれをシステムに組み込んだゲームだ!って思って個人的には感動しました。
また、主人公の「マオウ」は大量の魔力を持て余した最強の存在ですが、性格のおちゃらけ具合とかワガママさとか、シリアスなシーンでのカッコ良さとか、サタン様に通じるものを感じました。

いろいろ書きましたが、このゲームは掛け値なしに名作(短時間で遊べるし、とても満足できる)だと思うので未プレイの方はぜひ。是非やりましょう。

ScreenShot_2015_0905_20_25_36.png
↑魔王パワー:筋肉

ScreenShot_2014_0802_02_03_14.png
↑なんか怖いの。とにかく倒せ!

3.おわりに
以上です。フリゲプレイヤー向けて書いたのか魔導物語のファンに向けて書いたのかなんとも言えない感じになってしまいましたが、基本的には魔導物語を断片的にでも知ってる人にフリーゲームをオススメする方針で書いてみました。

魔導物語については、98年に生みの親であるコンパイルが倒産してしまい、その後版権が分裂したりいろいろあった挙句、特に初期のMSX版やPC98版はほとんど幻のゲーム状態になってしまっていましたが、今年になってProject EGGの活躍により復刻版魔導物語が発売されました。いわば誰でもお金を出せばほぼ当時のままのものを遊べるようになったということで、非常に嬉しいことです(本当はもっといろいろ書きたいんですが本旨ではないので省略します)。

以上です。読んでいただき、ありがとうございました。
もし気になったゲームがあれば、遊んでみていただければ幸いです。
posted by はしもと at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

Nepheshel「魔神来臨」(しょっぱい)自作歌詞

フリゲカラオケの記事(http://hashimotorst.seesaa.net/article/422973408.html)で言及してた、
「魔神来臨」の自作歌詞をせっかくなので公開します。
意味よりも歌いやすさの方に重点を置いたこともあり、詩としてはかなりしょっぱいと思います。(文法とかも適当だし…)
ここをこうした方がもっと良いとか俺は昔からもっと良い歌詞考えてるとかそういう意見は是非下さい。
あくまで個人が一晩で考えたアレなのでお手柔らかに…

と言うわけで、以下歌詞です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「魔神来臨」

You say "I safe, if you want to stay that place."
You don't like you?
Never get? everything that you wish?
(never too late, and you get this time in the end.
All of the wish, are so graceful of the world)

You may buy safe, if you want to stay that place.
I don't like this,
yourself are not where you are.

When you go my peaceful heart's realm
You may see, the abyss of my heart

When you reach the form of my true spirit

I never keep anymore myself,
I'll change my shape, my heart

the majesty, and the scarely shape
behold Its scale, its claws, its fangs

Still what fate
further wants the blood,
history repeats.

When you defeat the shadow of the curse of goddess pots,
Dispel the darkness to bring the power of light to this world

And find your pots, and stand up to your fates
Change yourself,change your fangs, and change your world.

(When yourself reach to the truth,
you may not the yourself furthermore.
But you think of the meaning of the power,
your wish, and the Ideal world, true your world.)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by はしもと at 00:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

フリゲカラオケに参加してきました。

ブログとしてはご無沙汰ですが、今回はいつもとちょっと違う感じの記事を書きます。

7月19日のこと、突然ですが、激辛でのレビューや「フリーゲーム あの人に聞きたい !」や「あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム」など数々のフリーゲーム関連イベントの主催などで有名な赤松弥太郎様が突然企画された、「フリゲカラオケ」なるものに参加してきました。
まずフリゲカラオケってなに?という話ですが、要は自分達でカラオケ屋にフリーゲームの曲の音源を持ち込み、歌うわけです。

もちろん歌詞がある曲ばかりじゃありません。ではどうするか?
もちろん、自作すればいいんですよ!
それに、ネット上では(特に昔の作品だと)意外といろんなBGMに歌詞を勝手につけてくれている人がいるものです。

今回はそうした誰かの作詞した歌詞や自分で作った歌詞やらをつけることでフリーゲームのBGMでカラオケをしてきたわけです。もちろん最初から歌がついてる曲も歌いましたよ!

…そもそもカラオケで入ってない曲を歌うっていうのが特殊だし、さらにインスト曲に歌詞をつけて歌うってこと自体特殊だし、しかもゲームの、フリーゲームの曲ですよ…?
かなり特殊な会だったことは間違いないでしょう。日本初と言っても良いのでは…?(まあ過去に内輪でやったことのある方々もいたのかもしれませんが…むしろそういう話があるなら是非お訊きしたい所)

というわけでマイナーもマイナーな趣旨ゆえ参加ハードルも高かったためか、結局参加者は3名のみ(赤松さんとDECOさんと僕(はしもと))となってしまいましたが、思った以上に楽しくカラオケすることができました。
…そう、フリーゲームの曲、意外にカラオケに合うんですよ…
確か最初の一曲目は赤松さんによるCresteajuのBGMだったと思うんですが、MIDIの音源なので、「意外とカラオケの音源っぽい」のです。しかもメロディアスな曲なので普通に歌モノっぽい。これは意外な発見でした。

あと僕もそんなにフリーゲームにくわしくないので(赤松先生より詳しい人はそうそういない気はしますが…)、知らない曲が満載というか9割がた知らない曲でしたが、それでも普通にカラオケで知らない曲を聴くみたいなノリで楽しむことができました。

あの日歌った曲とかについては赤松さんがTwitterに掲載して下さっているんですが、こっちにも転載させていただきます。こんな感じでした。(うろ覚えにつき、違う所あったらすみません…)

◆曲目
・Nepheshelより ツナグソノテ(はしもと)
・Cresteajuより Lunar Road(赤松氏)
・Moon Whistleより いざ行かん(はしもと)
・仮面ライダーヴァルゴより 燃える瞳の仮面ライダー(赤松氏)
・ネズミマンより シリアナ音頭(赤松氏&DECO氏)
・STARLIKEより 特公歌(赤松氏)
・Nepheshelより 逝きなさい、あなたの望む死を(はしもと)
・赤白黄色より 踏み切り(赤松氏)
・洞窟物語より クサムラを行け(はしもと)
・正義の味方ギガトラストより Giga Trust (赤松氏)
・Another Moon Whistleより 夜空の星 -影-(はしもと)
・彼女と彼女と私の七日より 7days(赤松氏)
・しぇいむ☆おんより ツンデレも愛してね?(赤松氏)
・冬は幻の鏡より 白い記憶(DECO氏)
・Moon Whistleより 闘え正義のXレンジャー!(赤松氏)
・洞窟物語より つきのうた(はしもと)
・洞窟物語より ラストバトル(はしもと)
・超連射68Kより We are Fighting to Your Happiness(赤松氏)
・ナルキッソスより ここにいる(赤松氏)
・ナルキッソス2より ナルキッソス(赤松氏)
・Nepheshelより 魔神来臨(はしもと)
・B.B.ライダーより 悲刃(赤松氏)
・Cresteajuより 彗星雨(赤松氏)
・La-mulanaより 巨人墓場(はしもと)
・送電塔のミメイより 静かな空(赤松氏)
・DYCON 〜見渡せば荒野〜(全員)
・Cresteajuより following the wind(赤松氏)
・La-mulanaより カレーのうた(はしもと)
・STARLIKEより Lovewarrior(赤松氏)
・イストワールより 未来も見えないままで(はしもと)
・Kinoko3より CA-CO(赤松氏)
・Kinoko2より ボトルシップ(赤松氏)

抜けがあったかもしれませんが、これで32曲です。一杯歌いましたね…
ちなみに途中でフリーゲームと全然関係ない普通のカラオケ曲やPCEのマイナーなゲームBGMを歌うコーナーなどありましたがちゃんとした記録&記憶がないので省略します。
あとは特に印象的だった曲などについて感想でも。

・いや〜DYCONは非常〜に楽しかったですね〜(セラブルクラスタの皆さまに心の中で土下座しながら)予習してった甲斐がありました。(はやくクリアしないと…)
・シリアナ音頭は一応予習したんですけど、お二方の圧倒的男気の入った唱歌に圧倒されました。これ、こんなに熱く歌えるんだ…!(歌詞はアレですが…汗)
・Cresteajuの曲は赤松さんが前々からネットで提唱されていた通り、実際に聴いてみると本当に普通に最初から歌詞がついていたかのように自然な歌モノの曲になってました。これは赤松さんの自作詩の完成度の高さもあったのかもしれませんが…following the wind特に良かったですね…本当に良かったです。
・鉄鋼団の曲は熱いのが多かった気がします。全部初めて聴くものですが…そして初めて知ったんですが赤松さんは特撮にくわしいとのことで、特撮っぽい歌は総じて気合いが入っており聞きごたえがありました。
・「闘え正義のXレンジャー!」は隙あらば僕が歌いたい歌でもあったのですが、これについて赤松さんの自作歌詞が完璧すぎて完全にひれ伏しました。ネット上で見かけたことのあるどの歌詞と比べても段違いの完成度です。歌も気合い入ってましたし。完全にヒーローの曲ですよ…これはもっと評価されるべきでは…?(今回一番印象に残ったやつです)

自分で歌った曲の所感については、以下の通り。
・ARAさんの曲って、実際に歌おうとすると相当ムズいですね…。でも、普通にカラオケに入っていても全然おかしくないクオリティだと改めて思いました。というか、歌ってて楽しいんですよこのメロディ。カラオケに入れましょう。是非入れましょう。
・いくつかの曲はなんというか、純粋に練習が足りないという感じで上手く歌えなくて悔しかったので(ムンホイのテーマとか)すごくリベンジしたいです。誰か二回目を主催してください。行きますので(他力本願)
・洞窟物語系の曲は、イントロがなくいきなり始まる&曲があまり長くなくすぐ終わってしまう(歌詞もあまりボリュームが用意出来てなかった)のが難点でしたが、メロディアスな曲が多いので歌ってて非常に楽しかったですね…次があればもっと長い歌詞で歌いたいな…とか。
・La-mulanaのカレーのうた(Song of Curry)は思いつきで歌ってしまったのですが、歌詞がわからないので1番のみの不完全燃焼な感じに。これもリベ(以下略) ちなみに巨人墓場の曲の方は完全に適当歌詞で歌いました。(この曲好きすぎて普段なんとなく適当な歌詞(言語不明)で歌ってるので、今回もそんな感じでそれっぽく)いつかちゃんとした歌詞を作って歌ってみたいですね…(
・Nepheshel「逝きなさい、あなたの望む死を」はニコニコの有名な?動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm13524936
から歌詞をお借りして(ただしイントロは彼の者の前口上つきで)歌いました。
…が、これめっちゃくちゃ難しいですね…。それとなく練習はしていましたが、それでも無理ですこれは。音に対して言葉が多すぎる…
動画通りに歌う為にはもっと多くの修行が必要だと痛感しました。
・Nepheshel「魔神来臨」この曲は好きとかそういう次元じゃなく好きなので、今回唯一、全英語歌詞を(前日の晩に)作って歌いました。歌詞のクオリティはお察しですが…自分が歌いやすいように作詞したので、↑に比べると信じられないくらい歌いやすかったです。これをカラオケで(わかる)人(の)前で歌える日が来るとは…結構感慨がありました。次があれば(n回目)もっと練習して歌ってみたい曲です。

こんなところです。

とてもレポートとは言えないような感想文になりましたが、とにかくフリゲカラオケは楽しかった!ということだけお察しいただければ幸いです。
というわけで、何度も言いますが第二回やりましょう。是非やりましょう。誰か主催してくれれば(他力)喜んでついていきますので…何卒よろしくお願いします。

ちなみに書き忘れましたが、カラオケ自体は秋葉原の「パセラ」で行いました。曲の持ち込み再生に理解があり、対応機材などが準備してあるとても良いお店だったのです。
帰り際に「フリゲもそうだけど、もっとゲームの曲とか歌う会があってもいいのに」「ブ○キ大王とか歌いたいですね」というような会話をして帰りました。本当にもっと持ち込みとかは広まってもいいなと思ったのでした。(おわり)
posted by はしもと at 23:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。